素晴らしき哉、人生! 

 基本ポジティブ、ときどきネガティブ・・・そんなフツーの素晴らしい日々♪

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ゴッホとゴーギャン展。

毎度のことながらご無沙汰しておりました。
そして
毎度のことながら下書き放置してた記事が消えてました_| ̄|○


がっ!
今回は頑張って書き直します( ・`ω・´)キリッ




10月最後の日曜日に
ゴッホとゴーギャン展にいってきました。


ゴッホとゴーギャン展。


私、芸術関係わりと好きなんですが(中でも 美術・建築・映像)
技法とか専門用語とかの難しいことは
まるでチンプンカンプンです。ヾ(´ε`;)ゝ


それでもゴッホの絵画は
芸術無知な私にも響くものがあります。



ゴッホの絵画は
構図自体は現実を描いてるんだけど
タッチや色使いに制作時のゴッホの心情が写し出されてて、
とくに青のバリエーションには
その時々の心の闇や喜びが感じられて引き込まれます。


それにゴッホは絵も人間性も
なんとなく女性的。


『タマネギの皿のある静物』


一方
ゴーギャンの作品は想像を膨らませた構図や
大胆な色使いが多く
凡人の私にはちょいと理解できない。


私はゴーギャンの絵には男性的な頑固さというか
高慢さ・傲慢さを感じるし


なんていうか・・・


『ハム』


キモチワルイ。


ゴーギャンファンの方
ごめんなさい!(>ω<。人)


実は私
ずっと前からゴーギャンかなり苦手なんです。


どうも肌に合わないっていうか・・・
プリミティブ(原始的)への強い欲求がヘンな宗教感を漂わせてて
タヒチでの作品は特に気持ち悪くなっちゃうのよ。(´Д`lli)


『タヒチの3人』


まぁ芸術無知のド素人の感想なんで勘弁してください。


しかしね・・・


芸術っちゅーのは
その道の著名人がどんなに高評価してようが
誰が何と言おうが、
人それぞれの感じ方で良いと 私はおもうのです!


そして その時々の環境や感情で感じ方が違ったり、
好みが変わったりして良いと 私はおもうのです!


今回「ゴッホとゴーギャン展」で
これまで全く興味無かったピサロに感動してしまいましたし。


芸術の秋…あ、もう冬?ヾ(´ε`;)ゝ
いや、
こーゆー事には本来季節なんか関係無いハズなので
みなさま
もっとガンガン芸術に触れてください‼︎


ゴッホとゴーギャンの椅子。


ゴッホとゴーギャン展
東京都美術館での会期は12月18日までです。


せっかくなので
デトロイト美術館展 もハシゴしては?(←ハシゴしたひと。)
コチラは年明けまでやってます♪







ゴッホとゴーギャン展のチケットの半券で
デトロイト美術館展が100円引き‼︎ w(゚o゚)w

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

マジおトクよ♡



スポンサーサイト

| レジャー | 02:08 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT