素晴らしき哉、人生! 

 基本ポジティブ、ときどきネガティブ・・・そんなフツーの素晴らしい日々♪

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

モネ展

“秋”といえば、なんといっても
食欲の・・・


チガウ(-ω-;)(;-ω-)チガウ



げ、芸術の秋! です!!


で、行ってきました。ρ(´ー`) コレ

※ 画像クリックで公式サイトに飛びます。
マルモッタン・モネ美術館所蔵 モネ展。


モネ展。


こーゆー派手な企画展は
私みたいな
芸術に造詣の浅い人間にもウェルカムな環境なので
TシャツGパンでアホ面して気軽に行けるのがありがたい♪(←ダメ人間)


そのかわり
かなり混んでます。


モネ展。


日曜日で10分待ちはまだいい方。
『ゴッホ展』のときなんて入場まで小一時間並んだし。
しかも、この10分待ちというのはチケットを手に並んでる時間であって
当日券購入される方はチケット購入も大行列です。


私は前売り券持ってたので
単純に10分(弱)で入場できたのだけど。(=´σー`)


さて、この『モネ展』
モネの人生を辿るように展示されていて、
第2章では少年時代に描いた風刺画があります。


クロード・モネ≪劇作家フランソワ・ニコライ、通称クレルヴィユ≫


そしてまさに
この風刺画が
モネの画家人生のはじまり。


モネの才能を見出したブーダンの「風景画を描きなさい」という助言を受け入れたことが
後に「光の画家」と呼ばれるクロード・モネの出発点になります。


ところで、
じつは私 モネってあまり好きじゃなかったんです。


これまで
モネの画って 苦悩が見えない というか、
単に、絵のものすごく上手な人がサラッと描き上げてる感じがして
ゴッホのような情熱を感じなかったんです。(当社比。)


なので今回のような大規模な企画展でもなければ
わざわざモネ鑑賞なんてしなかったんだけど
いざ鑑賞してみたら
すっかりモネに魅了されてしまった。(・∀・`*)ゞエヘヘ


中でもグッときたのは
やっぱり ≪印象、日の出≫


クロード・モネ≪印象、日の出≫


「印象派」という言葉の由来となった作品で、
美術書では何度も見たことがあったけど
「印象的過ぎるわいっ!しかもコレ夕方じゃん!?」
とかおもってて
この作品の素晴らしさがまったく分からなかった私ですが…。


実物を鑑賞したら

素晴らしいにもほどがあるわいっ!!

まさしく完成されているし
まさしく、朝日!


奥の煙突から力強く立ちのぼる煙が就業開始を想わせるし
朝日のまぶしい光が見事に描かれています。


そのきらめくオレンジの光が
水面にしっかり映し出されてるこの作品は
今回の『モネ展』の中でひときわ輝いてました。
そしてもちろん、
ひときわ混雑してました。


そして
もうひとつ私を釘付けにしたのが
≪雪の効果、日没≫ です。


クロード・モネ≪雪の効果、日没≫


≪印象、日の出≫ と比べてみてもよくわかるんだけど
工場の煙突から吐き出される煙はか弱く
就業終了を感じさせます。


そして
画像ではわかりづらいんだけど
雪に、ちりばめられるように映し出される夕暮れの気配。
暮れゆく空。


モネの絵は
オレンジというか朱色というか、赤系の存在感が絶妙!
「光の画家」と称されるゆえんたるものが
ほんの少しわかったような気がします。


いやぁ~やっぱ芸術ってやつは
ナマに触れて感じないといかんね。ヘ(´ω`)ゞ


あんだけ
「モネつまんねー」
とかゆってた私って、ほんとバカ。



モネ天才━━(☆∀☆)━━!!!





ランキングに参加しています
↓ クリックしていただけると励みになります ↓

  ブログランキング・にほんブログ村へ ブログランキング・にほんブログ村へ

もいっちょ励ましといてください
↓ ↓ ↓



(*-ω人) あんがとね (人ω-*)







それでもやっぱり私には
モネの絵には 苦悩が見えてこない …とおもってたらば、
晩年の作品には
モネの苦悩が見えてきました。


≪バラの小道、ジヴェルニー≫


クロード・モネ≪バラの小道、ジヴェルニー≫


奥行きがあって
一見、吸い込まれるような迫力があるのに
近くでまじまじ鑑賞すると
筆のタッチ(?) 絵の具の乗り(?) が重い感じ。


白内障を患い、
光を追い求めた画家として苦しんだんじゃないかと。
私の想像ですけど。


で、最後に展示してあったのは
誰もが
「モネといえば睡蓮!」
っていう、
アノ睡蓮じゃない≪睡蓮≫。


斬新な睡蓮。


≪睡蓮≫
(1917-19、油彩、100cm×300cm、パリ、マルモッタン・モネ美術館)
クロード・モネ≪睡蓮≫(1917-19)


モネ苦悩し過ぎじゃね!? アゥゥー(!|i ゚Д;)ノ






もうコレは絶対行くべし!です!


私のような芸術無知な大人にならないためにも
ぜひ
ちびっこにも鑑賞していただきたい。


特別出展の
≪印象、日の出≫は東京展で10/18(日)までの期間限定展示です。


東京展 特別出展
後期は
≪ヨーロッパ橋、サン=ラザール駅≫ 10/20(火)~12/13(日)


私も
会期中にもう一度行こうとおもってます!


『モネ展』ポスター。



・・・あ。


いま思い出した。


【ベルギービールウィークエンド東京2015(後編)】
忘れてました。(≧▽≦;)あちゃ~


そのうち書くよー・・・

スポンサーサイト

| レジャー | 00:59 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT