FC2ブログ

素晴らしき哉、人生! 

 基本ポジティブ、ときどきネガティブ・・・そんなフツーの素晴らしい日々♪

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

寿司・懐石 やなぎ

今日は
先週の日曜日に夫のお誕生日祝前倒しで
以前からちょっと気になっていたお寿司屋さんへ行ってみたので
ご紹介します。


夫にとって“御馳走”というと
うなぎのイメージがあるそうなので、うなぎ屋さんでもよかったんだけど
私がうなぎNGなので、私の好きなお寿司にしました♪ 夫よゴメン・・・


↓お店のHPはコチラ。
寿司・懐石料理 やなぎ

寿司・懐石 やなぎ


お店に入ると
10人掛けくらいのカウンター上には
お寿司屋さんによくある“ネタケース”は無くって
板前さんの手元がよく見えるスッキリしたつくり。


私の勝手なイメージなんだけど
和食の職人さんって
素朴で不器用そうなひとが多い気がするんだけど
こちらのご主人は全然そんなことなくって
会話もスマートだしキリッとした感じでした。


さて
はじめてのお店なので
とりあえずコース料理を頼んでみた。
写真いっぱいなので小さめに掲載して
ご紹介します♪


【雪 懐石】7,350円
先付・前菜・焼物(煮物)・八寸・季節料理2品・
特上寿司1人前・お吸物・自家製デザート


ジャガイモと海苔とカニ。
↑ 先付です。シャキシャキのジャガイモがさぱりでおいしいです。
  我が家の晩酌のつまみにも似たようなのつくるけど。


刺身。  甘エビ頭揚げ。
↑ まぐろ・あわび・生牡蠣・甘エビ のお造り。甘エビの頭を揚げてだしてくれます。


ヅケ焼・からすみ・焼ウニ(たぶん)。
↑ 八寸はヅケ焼き・自家製からすみ・焼ウニでした。


ひらめ。  ひらめ皮焼。
↑ ひらめのお刺身と皮焼。
 ひらめ大好きー♪
 ご主人がカウンター越しに肝ともみじおろしを刺身に巻いてくださって
 こうやって食べてね、みたいに説明してくれました。
 「淡白におもわれますけど、皮の部分を焼いたものを召し上がってもらうと
  脂がノッているのがよくわかりますよ。熱いうちにどうぞ。」
 とおっしゃってましたが、ふむふむ・・・納得です。


まぐろ竜田。
↑ まぐろヅケの竜田揚げ。
 これはねー、正直、漬けてないまぐろの方が個人的には好みかなぁ・・・
 漬けるならカジキマグロでお願いしたいです。


白子。
↑ 白子ポン酢と塩焼き白子。
 酒飲みならみんな好きです!


で、この後お寿司とデザート(奥様の手づくりチョコレートケーキ)
があったのですが
おなかいっぱいだったので
お寿司は折詰にしてもらいました。
ケーキはたべましたよ、別腹ですもん♪

「寿司は涼しい所に置いてもらえば
あしたの朝まで冷蔵庫に入れる必要ないですよ。」

っておっしゃってましたが
うっかり、暖房ガンガンの状況下で約9時間放置してしまいました・・・。


寿司折。
↑ だからまぐろとか、こんな色になっちゃったけど・・・ゴメンナサイ
 いなかの寿司屋ってさ、おにぎりかと思うほどシャリの量が多いことあるけど
 ここはシャリの量がほんとちょうど良くって
 酢加減も私好みで、正しい江戸前寿司ってかんじでした♪


こちらのお寿司屋さんは
お料理の味付けがヘンに薄味過ぎず
全般においしくいただけました。


お店の雰囲気もとっても良くって
素敵なお店なのに気取らずに行けて
ちゃんとした接待なんかにも使える感じです。


料金設定自体は安くはないけど
かなり明朗会計で初めてでも安心です。


ただ、せっかくフルオープンのカウンターだったのに
ユウタの話題で終始なみだ目だったので
作業の手元がはっきり見れず残念!
私は職人技を見るのが大好きなので
ぜひ、また行きたいお店です♪





ランキングに参加しています
↓クリックしていただけると励みになります↓

  ブログランキング・にほんブログ村へ  ブログランキング・にほんブログ村へ


ところで、ナゼ寿司折を
“暖房ガンガンで9h放置”
してしまったのかというと・・・


まっすぐ帰ればいいものを
ちょっと飲み足りないかなぁ~?
と、居酒屋さんに寄ってしまって
尚且つ
酔っ払って帰ってそのままダウンしたからです m(_ _)m


いっぱいサービスありがとうございます。


久しぶりに行ったのに
いっぱいサービスしてくださって
おなかいっぱいなのになぁ・・・と申し訳なく思っていたんだけど
夫とふたりで
ユウタの思い出話なんかしてのんびりしてたら
結構たいらげてました ( ̄∇ ̄*)ゞエヘヘ


こちらのお店もオススメなので
そのうちご紹介したいと思いまーす♪


スポンサーサイト



| グルメ | 16:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://wonderfullif365.blog96.fc2.com/tb.php/154-f289871b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT