素晴らしき哉、人生! 

 基本ポジティブ、ときどきネガティブ・・・そんなフツーの素晴らしい日々♪

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ゴッホとゴーギャン展。

毎度のことながらご無沙汰しておりました。
そして
毎度のことながら下書き放置してた記事が消えてました_| ̄|○


がっ!
今回は頑張って書き直します( ・`ω・´)キリッ




10月最後の日曜日に
ゴッホとゴーギャン展にいってきました。


ゴッホとゴーギャン展。


私、芸術関係わりと好きなんですが(中でも 美術・建築・映像)
技法とか専門用語とかの難しいことは
まるでチンプンカンプンです。ヾ(´ε`;)ゝ


それでもゴッホの絵画は
芸術無知な私にも響くものがあります。



ゴッホの絵画は
構図自体は現実を描いてるんだけど
タッチや色使いに制作時のゴッホの心情が写し出されてて、
とくに青のバリエーションには
その時々の心の闇や喜びが感じられて引き込まれます。


それにゴッホは絵も人間性も
なんとなく女性的。


『タマネギの皿のある静物』


一方
ゴーギャンの作品は想像を膨らませた構図や
大胆な色使いが多く
凡人の私にはちょいと理解できない。


私はゴーギャンの絵には男性的な頑固さというか
高慢さ・傲慢さを感じるし


なんていうか・・・


『ハム』


キモチワルイ。


ゴーギャンファンの方
ごめんなさい!(>ω<。人)


実は私
ずっと前からゴーギャンかなり苦手なんです。


どうも肌に合わないっていうか・・・
プリミティブ(原始的)への強い欲求がヘンな宗教感を漂わせてて
タヒチでの作品は特に気持ち悪くなっちゃうのよ。(´Д`lli)


『タヒチの3人』


まぁ芸術無知のド素人の感想なんで勘弁してください。


しかしね・・・


芸術っちゅーのは
その道の著名人がどんなに高評価してようが
誰が何と言おうが、
人それぞれの感じ方で良いと 私はおもうのです!


そして その時々の環境や感情で感じ方が違ったり、
好みが変わったりして良いと 私はおもうのです!


今回「ゴッホとゴーギャン展」で
これまで全く興味無かったピサロに感動してしまいましたし。


芸術の秋…あ、もう冬?ヾ(´ε`;)ゝ
いや、
こーゆー事には本来季節なんか関係無いハズなので
みなさま
もっとガンガン芸術に触れてください‼︎


ゴッホとゴーギャンの椅子。


ゴッホとゴーギャン展
東京都美術館での会期は12月18日までです。


せっかくなので
デトロイト美術館展 もハシゴしては?(←ハシゴしたひと。)
コチラは年明けまでやってます♪







ゴッホとゴーギャン展のチケットの半券で
デトロイト美術館展が100円引き‼︎ w(゚o゚)w

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

マジおトクよ♡



スポンサーサイト

| レジャー | 02:08 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

四谷怪談

きのう、夫とふたりで
コクーン歌舞伎 第十五弾 『 四谷怪談 』
を観てきました ヽ(・∀・)ノ


コクーン歌舞伎 四谷怪談 チラシ。

有名な“お岩さん”の話だから
あらすじくらいは(ざっくりとは)知ってたけど、
ロクに予習もせずの 歌舞伎 初観劇!ヾ(´ε`;)ゝ

今は亡き勘三郎さんが中心になって
歌舞伎の可能性と観客層を広げたコクーン歌舞伎、

スゲかったですー!(≧∇≦)

ずいぶん前にDVDで(正統派の?)古典歌舞伎 (← 演目不明。) を観たときは
ビックリするほどつまんなかった…というより
言葉もストーリーも意味不明で
知らない役者さんばっかりだったのもあって
あっという間に寝ちゃった。(´ω`;ゞ

だけど今回は演目自体も有名だし
若手中心&串田演出のコクーン歌舞伎なので
すごく楽しみにしてました。

エネルギッシュでテンポも良く
音楽も現代的でモダンな歌舞伎。
・・・なので
コクーン歌舞伎ってもしかしたら
歌舞伎ファンの方からすると邪道なのかもしれませんけども、
私みたいな超初心者にはとても観やすくて
純粋に楽しめました♪

四谷怪談 公演プログラム。


串田和美さん(演出・美術)

『四谷怪談』はお岩一人の恨みを描いた物語ではない。世の中全部が怪談だよと南北がささやいている。現代も気が付けば、亡霊ばかりが街を行きかう。無数の怨念がなだれ込む『四谷怪談』は、あの世もこの世もひっくるめて、怪なる世界へ変貌する。南北はあの世で高笑いするだろうか。


とコメントしているように
『四谷怪談』は登場人物みんなが数奇な運命に翻弄されて
誰ひとりとして救われない 。

四谷怪談と聞けば多くの方が “お岩さんの愛憎劇” 的な認識だし
実際、四谷怪談を描いた作品はそこをクローズアップしたモノが多いけど
この作品は串田和美さんが 世の中全部が怪談 とおっしゃる通り
背景にある忠臣蔵の世界~現代をひっくるめた
恨みつらみの波紋が連なる苦悩の人間ドラマ。

ただ、正直
短時間に詰め込み過ぎな印象はあります。(-ω-)


それにしても
獅童さんの伊右衛門は無茶苦茶カッコイイし
勘九郎さんの直助はカッコ可愛いし
七之助さんのお袖はめっぽう美しいしで
若手スゲーなーw(゚o゚)w っておもってたら

扇雀さんのお岩さんが コレまたスゴいの!ヾ(゚┏д┓゚)ノ゛

スゴイスゴイって・・・我ながらバカっぽいとはおもいますけども
ほんと凄いんだもん。

歌舞伎座で正統派歌舞伎(?)も観劇してみたくなっちゃったよ~
いつかそんな機会があったら
今度こそゼッタイ寝ないぞっ! p(・∩・)q



留守番だったオバサマへのおみやげは…
にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ
ベタに 人形焼。



≫ Read More

| レジャー | 23:18 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

モネ展

“秋”といえば、なんといっても
食欲の・・・


チガウ(-ω-;)(;-ω-)チガウ



げ、芸術の秋! です!!


で、行ってきました。ρ(´ー`) コレ

※ 画像クリックで公式サイトに飛びます。
マルモッタン・モネ美術館所蔵 モネ展。


モネ展。


こーゆー派手な企画展は
私みたいな
芸術に造詣の浅い人間にもウェルカムな環境なので
TシャツGパンでアホ面して気軽に行けるのがありがたい♪(←ダメ人間)


そのかわり
かなり混んでます。


モネ展。


日曜日で10分待ちはまだいい方。
『ゴッホ展』のときなんて入場まで小一時間並んだし。
しかも、この10分待ちというのはチケットを手に並んでる時間であって
当日券購入される方はチケット購入も大行列です。


私は前売り券持ってたので
単純に10分(弱)で入場できたのだけど。(=´σー`)


さて、この『モネ展』
モネの人生を辿るように展示されていて、
第2章では少年時代に描いた風刺画があります。


クロード・モネ≪劇作家フランソワ・ニコライ、通称クレルヴィユ≫


そしてまさに
この風刺画が
モネの画家人生のはじまり。


モネの才能を見出したブーダンの「風景画を描きなさい」という助言を受け入れたことが
後に「光の画家」と呼ばれるクロード・モネの出発点になります。


ところで、
じつは私 モネってあまり好きじゃなかったんです。


これまで
モネの画って 苦悩が見えない というか、
単に、絵のものすごく上手な人がサラッと描き上げてる感じがして
ゴッホのような情熱を感じなかったんです。(当社比。)


なので今回のような大規模な企画展でもなければ
わざわざモネ鑑賞なんてしなかったんだけど
いざ鑑賞してみたら
すっかりモネに魅了されてしまった。(・∀・`*)ゞエヘヘ


中でもグッときたのは
やっぱり ≪印象、日の出≫


クロード・モネ≪印象、日の出≫


「印象派」という言葉の由来となった作品で、
美術書では何度も見たことがあったけど
「印象的過ぎるわいっ!しかもコレ夕方じゃん!?」
とかおもってて
この作品の素晴らしさがまったく分からなかった私ですが…。


実物を鑑賞したら

素晴らしいにもほどがあるわいっ!!

まさしく完成されているし
まさしく、朝日!


奥の煙突から力強く立ちのぼる煙が就業開始を想わせるし
朝日のまぶしい光が見事に描かれています。


そのきらめくオレンジの光が
水面にしっかり映し出されてるこの作品は
今回の『モネ展』の中でひときわ輝いてました。
そしてもちろん、
ひときわ混雑してました。


そして
もうひとつ私を釘付けにしたのが
≪雪の効果、日没≫ です。


クロード・モネ≪雪の効果、日没≫


≪印象、日の出≫ と比べてみてもよくわかるんだけど
工場の煙突から吐き出される煙はか弱く
就業終了を感じさせます。


そして
画像ではわかりづらいんだけど
雪に、ちりばめられるように映し出される夕暮れの気配。
暮れゆく空。


モネの絵は
オレンジというか朱色というか、赤系の存在感が絶妙!
「光の画家」と称されるゆえんたるものが
ほんの少しわかったような気がします。


いやぁ~やっぱ芸術ってやつは
ナマに触れて感じないといかんね。ヘ(´ω`)ゞ


あんだけ
「モネつまんねー」
とかゆってた私って、ほんとバカ。



モネ天才━━(☆∀☆)━━!!!





ランキングに参加しています
↓ クリックしていただけると励みになります ↓

  ブログランキング・にほんブログ村へ ブログランキング・にほんブログ村へ

もいっちょ励ましといてください
↓ ↓ ↓



(*-ω人) あんがとね (人ω-*)







それでもやっぱり私には
モネの絵には 苦悩が見えてこない …とおもってたらば、
晩年の作品には
モネの苦悩が見えてきました。


≪バラの小道、ジヴェルニー≫


クロード・モネ≪バラの小道、ジヴェルニー≫


奥行きがあって
一見、吸い込まれるような迫力があるのに
近くでまじまじ鑑賞すると
筆のタッチ(?) 絵の具の乗り(?) が重い感じ。


白内障を患い、
光を追い求めた画家として苦しんだんじゃないかと。
私の想像ですけど。


で、最後に展示してあったのは
誰もが
「モネといえば睡蓮!」
っていう、
アノ睡蓮じゃない≪睡蓮≫。


斬新な睡蓮。


≪睡蓮≫
(1917-19、油彩、100cm×300cm、パリ、マルモッタン・モネ美術館)
クロード・モネ≪睡蓮≫(1917-19)


モネ苦悩し過ぎじゃね!? アゥゥー(!|i ゚Д;)ノ



≫ Read More

| レジャー | 00:59 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ベルギービールウィークエンド東京 2015(前編)

ほんじつは
麦部 活動報告♪

ベルギービールウィークエンド東京 2015 です。


ベルギービールウィークエンド


あ、そういえば
日比谷オクトーバーフェスト2015(秋)
活動報告がまだだったんですけども
例の件(→)で写真も少ないので書く気失せちゃってて・・・
気力回復したらそのうちUPするかもしれません。f(´-`;)



今年もまずは
毎年ベルギービールウィークエンド東京とセットになってる
夫宅の墓参りから。


墓参り。


「嫁よ、ゆけーーーっっ!!」


と、天の声(幻聴?)に送り出され
いざ六本木ヒルズへGO! ヘ( -∀-)ノ


会場へ着いたのは13:30頃。
まだスカスカな感じで
今年こそテーブルゲットできそうな予感~♪


アリーナ。


なんておもってたら
テーブルどころか希少なチェアセットの場所をGET!!


今年は前売りチケットも入手してたので
まったく並ばずサクサク準備完了 d(。・∀・。)


準備完了。


さて
ビールファンの皆さんお待たせしました!
やっと飲むよ~(笑)


一杯目はピルスナー。


エスタミネ。

【 エスタミネ 】
ベルギービールの中ではアルコール度数低めの5.2%
淡い透き通った金色、ドライな飲み口で
こんな暑い日の1杯目にぴったり。
ぐびぐびイケます!


そうそう。
今年からBBWガイドのアプリ BBWALKER も登場したので
前もって飲みたいリストもつくっておけるし
それぞれのアイテムが会場内のどこで販売されているかをチェックできて
むやみにウロつかないで済むので便利♪


1杯目はサラサラ~っと飲み干して
ハイ、2杯目。


シメイ ゴールド。

【 シメイ ゴールド 】
トラピストビールです。
アルコール度数5.0%でこちらも淡い金色
キレもまずまず、香りが良いです。





ランキングに参加しています
↓ クリックしていただけると励みになります ↓

  ブログランキング・にほんブログ村へ ブログランキング・にほんブログ村へ

もいっちょ励ましといてください
↓ ↓ ↓



(*-ω人) あんがとね (人ω-*)





3杯目は
もうチョイ度数高めのやついただいたんですけど
長くなっちゃったし
今夜もそろそろ酔っ払ってきたので(笑)
また連載にしちゃいまーす (*´σ з`) ~♪





≫ Read More

| レジャー | 02:10 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

豊洲オクトーバーフェスト2015(&おしらせ。)

6月から1ヵ月以上
すっかり風邪をこじらせちゃったので
しばらくは大人しくしてたんですけども、
どうやら 遊ばないと治らない みたい~ ( ̄∀ ̄*)エヘヘ


と、おとーさんを言いくるめて、
久しぶりに行ってきました ビアフェス♥

豊洲オクトーバーフェスト2015


豊洲公園からの眺め。
by 海無し県のひと。σ( ̄∇ ̄;)



じゃ 皆さん
久しぶりにいってみましょうか~


Oans, zwoa, drei, g'suffa!
オアンス  ツヴォア  ドライ  ズッファ!


豊洲オクトーバーフェスト2015。


7/19(日)
この日、梅雨明け宣言された関東地方は
そりゃ~もう死ぬほど暑かったーヘ(x_x;)ヘ


そんな中、
さほどビールが好きでもないのに
快く誘いに応じてくれた いしぴアリガトォォォ!!ヽ(´∀`*)ノ


いしぴ&ヒロ姉。


いしぴとおひさしぶり~の再会に興奮!
のシチュエーションで飲むビールは
これまた格別♪


中でもこーゆー猛暑日においしいのは
ビールらしいビール。
富士桜高原麦酒 ピルスはスッキリしてて香りもまずまず、
ぐびぐび飲める正統派で この日いちばんおいしかったヽ(゚∀゚)ノ
つまみも選ばない優秀なビールです。


豊洲オクトーバーフェスト2015。
左上:  富士桜高原麦酒 ピルス
左下:  ゾラホフ ツヴィッケル
中央:  アルコブロイ ウアファス
右上:  エルディンガー ヴァイスビア
右下:  富士桜高原麦酒 サマーヴァイツェン
 

さて、今回の豊洲オクトーバーフェスト2015で飲んだのは
上記の5杯(たぶん)で、いつもに比べて少ないんだけど
・ いしぴに会えて感激MAX
・ 久しぶりのビアフェス参戦
・ あまりの猛暑で熱中症寸前
・ こじらせ風邪が全快していない

等の要素が作用したようで
すっかり酔っぱらってしまいましたヽ(゚ω。*)ノ゙


まぁ、いつぞやのような事態には至りませんでしたけども。。。


それに、ほんとはもっとゆっくり
落ち着いていしぴと話したかったし
あずきにも会いたいので
今度はシラフでいしぴに会いに行きたいとおもいます!(←出来るのか!?)



いしぴ、あずき、

覚悟しといてね――!!
 (*≧∇≦)ノ






【 おしらせ。】

ぐでんぐでんに酔っぱらって
携帯電話を紛失しましたllllll(-ω-;)llllll

そーゆーワケですので
新しい携帯電話が届く23日(木)までは
メールはPCアドレスの方へ、
緊急の連絡は固定電話の方へお願い致します。(-ω-` )) 






なにやってんだか・・・(:´д`)ゞ
ブログランキング・にほんブログ村へ


バナー模索中。





| レジャー | 02:04 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。